2007年03月21日

中国路線バスが、迷子!!

これ、普通、ありえないですよね?

私の記事と少し関係あるし、あまりにも面白くて、転載しました。^^;

ちゃんと、新人研修したんでしょうか??
乗客は、そりゃ、不安だったでしょうね。
よく、分かります!(経験上、とても納得!!)

【中国三面記事】みんなを乗せてどこへ行く(NNA )

3月21日12時0分配信 NNA

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000026-nna-int

 北京の朝のラッシュ時刻。1台のバスが道に迷っていた。

 迷ってしまったのは石景山から市中心部に向かう746番線バス。四環路を越える際に道を間違い、気が付かずに天安門まで一直線の長安街に入ってしまったのだ。

 いつもと違う景色に乗客はそわそわ。道がいくら渋滞しようが、OLからの罵声が飛ぼうが、方向転換できるポイントはなく、バスはただただ前進するのみ。最後には焦った客が窓から飛び降りる騒ぎとなった。

 実はこのバス、この日が新人運転手の独り立ち記念日だった。春にふさわしくオメデタイ話なのだが、問題は車掌さんもこの日がデビューだったことだろうか。【20日・京華時報】<北京>

最終更新:3月21日12時0分
posted by 吉田ケンコ at 13:53 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2007年03月20日

華麗なる一族、とうとう終わってしまいましたね

華麗なる一族、とうとう終わってしまいましたね。
やっぱり、キムタク、良かったですよね。
最終回、ほんとうに感動しました。
momo-ic3.gif
よろしければ、下記リンク先に飛んでくださいませ。
華麗なる一族紹介ブログ

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国株株株株
では、では、続きを。
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国為替為替
前回のお話は、こちらをご覧下さいませ。
関連記事中国長距離バス


早く、到着しないかなあ、と思ってると、
中国中国中国中国中国中国旅行観光
中国中国中国中国中国中国中国
旅行観光旅行観光旅行観光

キ、キ、キ、キィーー!!
旅行観光旅行観光旅行観光
中国中国中国中国中国中国中国
きゃー、ドテッ。痛ーいーー。

体を、ムリに傾けていた私は、当然、床に、どてっと、転がってシマイシタ。
痛いっ(>_<)

思いっきり、顔を打ちました。まずいです。マジ。(笑

何で、また、急ブレーキ??

そう思って、うらめしく、運転手の方を見た時、
太い手が、むんずと私の腕を取って、起き上がらせようとしていました。
ええっ、これ、誰の手??

そして、その手の先をたどって行くと。。。。


なんとお隣の、太目の汗っかきの方の
笑顔が。。
52b85064.png
あ〜、なんて、やさしいのぉ〜。感謝、感謝でした。


その方のやさしさに触れてから、もう、べとっとした汗が
それほど気にならなくなりました。。

見ず知らずの時は、正直いやだったんだけど、
いざ、親しくなると。

人って、こんなもんなんですね。

痛いのも気にならなくなりました。。

そして、ふと、我に返り、


何で、また、急ブレーキなの??

運転手さんに抗議しようかと、見ると、

運転手さんも、みんなも、前の方をじーっと見ています。

また、検問??

まさかぁ。^^;

続く(^^)中国株中国株中国株中国株

本日の為替レート
人民元 米ドル  日本円
  1   7.743   0.06572
中国中国中国株株株中国中国中国為替為替為替中国中国中国中国
posted by 吉田ケンコ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月14日

中国の長距離バス 全日空さん、ありがとう!

昨日の全日空機の胴体着陸、実況中継されてましたね。
無事着陸でき、しかも、全員怪我もなく下りてこられて、
ほんとうによかったです。
kotei1.png
でも、このボンバルディア機、けっこうトラブル
起こしてるみたいですね。
今日、この路線、この便に乗る人、さすがにちょっと、不安でしょうね。

私は、以前(確か、10年ほど前)の中国出張は、
よくANA全日空やJALを利用していました。
特に、中国の青島へ行くときは、ANA全日空ばかりでした。
なぜ、JALにしなかったのか、よく分からないのですが、
たぶん、一番便利で、サービスもよく、
安心できたからでしょうか。
それに、機内食が、おいしかったし。

今は、もっぱら、中国系の航空会社を利用しています。
安いから^^;

でも、やっぱり、ANAに乗りたいです。
それには、いっぱい、稼がないと(笑

全日空機の胴体着陸実況中継動画見られますよ。

ニュース365

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国株株株株
では、では、続きを。
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国為替為替


お風呂のいすに座った彼女とのおしゃべりに夢中な車掌さん。

女性同士のおしゃべりって、日本もそうですけど、
中国でも、にぎやかです。^^;
中国中国中国中国中国旅行観光
それにしても、隣の太目の方の汗が。。。
かなり汗っかきの方のようで、滝のような汗が。。
中国中国中国中国中国旅行観光
私はその方に、皮膚をくっつけた状態ですので、さすがにつらい。。
中国旅行観光中国旅行観光
なるだけ接触しないように、体を横に倒して座ってるんですが、
それでも、接触は避けられません。。
それに、ムリな姿勢はつらいし。。^^;

中国旅行観光中国旅行観光
早く、到着しないかなあ、と思ってると、

中国中国中国中国中国中国旅行観光
中国中国中国中国中国中国中国
旅行観光旅行観光旅行観光


キ、キ、キ、キィーー!!
旅行観光旅行観光旅行観光

中国中国中国中国中国中国中国


きゃー、ドテッ。痛ーいーー。


中国中国中国中国中国中国中国

続く(^^)中国株中国株中国株中国株

本日の為替レート
人民元 米ドル  日本円
  1   7.746   0.06668

中国中国中国株株株中国中国中国為替為替為替中国中国中国中国
posted by 吉田ケンコ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月12日

中国の長距離バス 森進一さんが。。

ばたばたして、更新が遅れてすみませんでした。

なんか、森進一さん、色々大変そうですね。
私、結構、森さんの歌、聴きます。
リンク先あるんですが、ここで、さっきも聴きました♪

ニュース365
森進一さんに早く、「襟裳岬」みたいに「なにもない、おだやかな春」が来ればいいですね。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国株株株株
では、では、続きを。
中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国為替為替

な、なんと、お風呂のいすが出てきました!

中国の長距離バスには、長い間、あちこちで乗ってますが、
さすがに、お風呂のイスは、初めてです。(笑

中国株中国株中国株中国株
彼女、車掌さんのお知り合いみたいで、どうやら、
乗せてあげたようです。

中国株中国株中国株中国株
乗り込んできた彼女は、そのお風呂のいすに、座り、さっそく、車掌さんと楽しくおしゃべり。
中国株中国株中国株中国株
わずか、2時間弱の距離ですが、臨時停車の多い長距離バスです。^^;

やれやれ。中国株中国株中国株中国株
次は一体、何があるのかしら?

本来ならば、冷房なし、テレビなしの、
ただただ、暑いだけのつまらないバスの旅になるはずが、
おかげで、またまた、ハプニングが起きそうな期待で、ワクワクです。(笑


続く(^^)中国株中国株中国株中国株
中国株中国株中国株中国株中国株中国株中国株中国株

本日の為替レート
人民元 米ドル  日本円
  1   7.751   0.06559

中国中国中国株株株中国中国中国為替為替為替中国中国中国中国
posted by 吉田ケンコ at 14:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月09日

中国の長距離バス サトエリちゃんが。。

サトエリ傷心!市川海老蔵から“涙の卒業”
さっき、ブログ見ました。

佐藤江梨子公式ブログ
http://ameblo.jp/satoeritimes/

2月27日の記事。涙を流している写真が。。http://ameblo.jp/satoeritimes/archive-200702.html
http://www.oricon.co.jp
つらかったでしょうね。悲しかったでしょうね。
書かずにはいられなかったんでしょう。
文面から、痛々しさ、つらさが伝わります。。。。
早く、立ち直ってね。
こういうブログという媒体のおかげで、サトエリちゃんの
素顔と本音に接する事ができ、ファンにとっては、いっそう、
親密さが増すんじゃないでしょうか。
ブログって、そう考えると、たいしたものですね。

kotei1.png
☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国株株株株
では、では、続きを。

中国中国中国中国中国中国中国中国中国中国為替為替
前回の記事中国の長距離バス

車掌さんは、笑いながら
(たぶん照れ笑い)あわてて、自分の席へ戻り、ドアを開けます。
(車掌さんの席は、ドアの横)

今度は、一体、何??何??

すると、女の人が、乗り込んできました。

???
ここは、バス停??

変です。とりあえず、太倉までは、ノンストップのはす。
止まるところじゃないです、絶対。
中国株中国株中国株中国株
女の人は、とても愛想良く、車掌さんと運転手さんに
挨拶しています。
中国株中国株中国株中国株
後ろの方へ歩いていきます。
でも、座席が。。。
だって、出発時点で、もう、満員ですから、座席はないんです。
と、思っていると、なんと!!
車掌さんが、臨時の席を作ってくれました!

それは???中国株中国株中国株中国株



中国株中国株中国株中国株
なんと、
お風呂用のいす!!


形はこんな感じの。でも、材質は、プラスチック製で、こんなに上等じゃないですけど。
これを、自分の席の後ろから、まるで、魔法のように、
ひょいって取り出して、その人に渡しながら、
「ここに座って」って。

爆笑。

これが、この長距離バスの補助シート(^_^;) でした。


続く(^^)
中国株中国株中国株中国株
本日の為替レート
人民元 米ドル  日本円
  1   7.744   0.06599

中国中国中国株株株中国中国中国為替為替為替中国中国中国中国

posted by 吉田ケンコ at 13:52 | Comment(2) | TrackBack(9) | 日記

2007年03月07日

中国の長距離バス

52b85064.png為替が、120円から、ほとんどいっきに、115円くらいまで円高になりましたが、
私たち、輸入をやっているものには、ありがたいです。

ただ、急激に株価が下がり続けて、心配だったんですが、
今日あたり、少し持ち直したように思いますが、
どうでしょうか?


☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°

では、今日は、中国の長距離バス(上海駅発、太倉行き)のお話を続けたいと思います。
ここ何回か、中国の旧正月関連の記事で、お話が飛んでしまいましたので、
忘れていらっしゃる方もちらほら?(^_^;)

もし、よろしければ、以前のお話は、下記の記事で、
ご確認くださいませ。<(_ _)>

4が一番新しい記事です。


4.第79回アカデミー賞授賞式
3.接財神 恭喜発財、もうかりますように!
2.今日はネコの日 中国の長距離バス
1.続 叶姉妹


キキーキーッ!!

またもや、急ブレーキ。

私たちは、何の準備もしてませんから、みんな前にのけぞって、
座席にゴッツン。
と、同時に、さっき受け取った荷物と車掌さんが、ゴロゴロころがって。。
と、思ったら、車掌さんは、踏ん張って、手近の座席にしっかとつかまっています。^^;

さっすが〜!
でも、荷物は、固定されてませんから、一番後ろの席に座ってる人に、ドーンとぶつかってしまいました。。
でも、その人、ぜーんぜん、怒りません。

一方、即、体勢を立て直し立ち上がった車掌さんは、
笑いながら(たぶん照れ笑い)あわてて、自分の席へ戻り、ドアを開けます。
(車掌さんの席は、ドアの横)

今度は、一体、何??何??

続く(^^)

本日の為替レート
人民元 米ドル  日本円
  1   7.746   0.06652






posted by 吉田ケンコ at 13:56 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2007年03月05日

中国の元宵節 その3

前の記事はこちら♪
中国の元宵節 その1
中国の元宵節 その2

中国の元宵節 その3

では、では、次は、この元宵節に
今も残る風習について、主なものを、簡単に、お話しましょう♪
これらについては、きっと、みなさんも、聞いたことある!
と思われるでしょう。

1.提灯を観る
 色とりどりの提灯が、街にあふれます。形も、大きさも工夫を凝らし、見てるだけで、ほんとうに楽しくなります。例えば、こんな提灯 これは、すごいですね。まるで、クリスマスツリー!(^^)
(写真中国情報局さま)national_0223_002_small.jpg


2.元宵を食べる
 xinsrc_040201050855110319553.jpg
元宵は「湯圓」とも言います。
下記に詳しく書かれていますよ♪
元宵節の「湯圓」
 皆さんも、これは、よくご存知ですよね。
今は、スーパーへ行けば、冷凍食品がいろいろあり、
別に、元宵節に限らず、いつでも食べられます。
あんが、小豆では、なかったので、最初に食べたときは、
なんか。。
 と思ったんですが、慣れると、案外おいしいん!です。

3.情人節
 この元宵節は、また、ロマンチックな日でもあります。
 そう、中国の「恋人たちの日」という
 呼び名があるんです。伝統的な封建時代、若い女の子は、
 勝手な外出が許されませんでしたが、この元宵節だけは、
 別で、提灯鑑賞の名目で、連れがあれば出かける事が出来、
 そして、それが、恋人を見つけるいい機会となりました。
 その後、恋人たちがデートをする日となりました。
 今は、あちこち、ラブラブの恋人だらけデス。
 こんな画像の携帯メールも飛び交っていますよ♪
jr1313.gif

ところで、昨日の「人民網日本語版」にこんな記事が載っていました。

北京市商務局によると、今年の元宵節(旧暦1月15日・今年は3月4日に当たる)に北京市場に出回る団子(「元宵」「湯圓」などという)の総量はあわせて4500トンを超える。「京華時報」が伝えた。

同局の説明によると、今年の団子には、昔ながらの黒胡麻餡、あずき餡、ピーナッツ餡に加え、40種類余りの「新しい味」が増えた。ここ数日は販売のピークに入り、老舗菓子メーカー・稲香村の一部店舗では、毎日午後4時前には品切れとなってしまう。(編集ID)

写真:老舗店に団子を求めて並ぶ市民(「北京娯楽信報」より)

なんと、北京市場だけで、4500トンだそうです。
これが、全中国だと。。。(^_^;)
みんな、お団子大好きなんですね。
posted by 吉田ケンコ at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月04日

中国の元宵節 その2

100161_nan2.jpg

前の記事はこちら♪中国の元宵節 その1


中国の元宵節 その2


ところで、この元宵節にはおもしろい伝説が、いくつかあるんですよ。
その中の一つ、例えば、なぜ、提灯をともすようになったか?
こういう伝説があるんです。

むかし、昔。
多くの凶暴な猛獣が人々や家畜を襲っていた頃のこと。
人々は、襲われるたびに、助け合って追い払っていました。

ある日、神馬が、天から落ちてきました。
神馬とは

でも、人々は、それが、神馬とは知らずに、間違って、撃ち殺してしまったのです。

天帝は大変怒り、天兵に、正月15日に人間界に行って、火をつけて燃やしてしまうように、命じました。
天帝の娘はその話を聞き、人間たちがかわいそうになり、こっそりと、人間界に下り、人々に教えました。人々は、どうしたらいいものか、考え、そしてついに名案をおもいつきました。

それは。。

「正月14、15、16日の3日間みんなの家の提灯に明かりをともし、爆竹を打ち鳴らし、花火を上げれば、天帝は、人間界が燃えてしまったと思うでしょう」

そして、さっそく、みんなその通り実行しました。
天帝は、15日の晩に人間界の赤い光を見て、納得しました。

こうして、人々は、自分たちの生命と財産を守ることが
出来たのです。
それ以来、この日を忘れないように、15日には、
提灯をともすようになったとのことです。

おしまい♪

如何でした?(^^)

では、では、次は、この元宵節に
今も残る風習について、簡単に、お話をしましょう♪

次の記事へ。
posted by 吉田ケンコ at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月03日

中国の元宵節 その1

xinsimple_220201050853220276062.jpg

元宵節yuanxiaojieユエンシィオアジィエ

明日、3月4日は、中国の元宵節yuanxiaojieユエンシィオアジィエです。

旧暦正月15日、つまり、今年は、明日3月4日にあたります。

春節が過ぎ、旧暦のお正月行事として最後のお祭りがこの元宵節です。
正月は旧暦で、元月、夜は、昔は宵と呼んでいました。
ここから、この伝統的な呼び名「元宵節」がつけられました。
そして、15日は、一年で最初の満月の夜。大地に再び春が巡って来たことをお祝いする最初の夜です。

「元宵節」は、また「上元節」とも言います。

この元宵節は、中国の伝統的な節句で、2000年ほど前の西漢代から行われていたようで、
提灯をともす風習は、東漢代の明帝の時期に始まったと言われています。
そこから、元宵節は、別名「提灯節」とも言われています。

そして、この提灯をともす風習は、唐代にますます盛んになり、
その様子が、唐代の有名な詩人盧照鄰(ろしょうりん)の「十五夜観灯」の詩に見られます。

盧照鄰とは

月が高く天井にかかる晩、人々は提灯を手に、出かけてます。
お月見をし、なぞなぞ遊びをし、ともに、元宵を食べ、一家団欒の時を過ごします。
その頃の文献には、こう書かれています。

元宵節の由来に関しては、こちらに詳しく書かれていますので、ご覧下さい。
元宵節の由来


ところで、この元宵節には、おもしろい伝説が、いくつかあるんですよ♪。
そのひとつを、ご紹介しましょう!

次の記事へ。
posted by 吉田ケンコ at 13:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月02日

ひな祭り 日本と中国

kotei1.pngkotei5.jpg

明日、3月3日はひな祭りですね。

明かりをつけましょ、ぼんぼりに♪
おはなをあげましょ、もものはな♪

ひな祭りの歌を聞く♪

今日は、ちょっと、ひな祭りの起源について、書いてみたいと思います。
興味深いことがいろいろ出てきますよ。

ひな祭り、桃の節句は、もともと中国の上巳(じょうし)節が起源と言われています。

上巳(じょうし)とは?

この上巳節(シャンスゥジエshangsijie)とは、夏王朝のころ(殷の前の王朝ですね。と言いますと、
紀元前2000年になりますか)、旧暦3月の第一巳の日を上巳と呼び、その日に、さまざまな行事を行っていました。
これらが、起源のようです。

なお、夏王朝の詳細に関しましては、こちらをご覧下さい。
夏王朝とは?

1.例えば、一番大事な行事は、婚姻と生育を司る神様をお祭りする行事。
また、伝説では、3月3日は西王母(せいおうぼ、さいおうぼ。)の誕生日とも言われています。
西王母とは、「不老不死の力を与える神女」と言われています。詳しくは、
西王母とは?

この辺から、日本では、3月3日ひな祭りを「女の子の節句」と言いってるんではないかと、私は、勝手に思っています。(^^)

2.それから、次に大きな行事が、女性は、水に入り身を清め、穢れをはらうということ。
その頃、子供が出来ないのは、たたりがあるからだと考えられており、だから、それを祓えば子供が授かる、だから、水に入り身を清める、そういう考えのもとで、行われていたと記載されています。

3.3つ目の行事は、浮いた卵を食べる
 ゆで卵を川の中に投げ入れ、拾って食べる。
 後に、これが、文人の娯楽「曲水の宴」に変化し、日本へも伝わりました。
 そして、それがさらに変化し、ひなを流すという日本独特の風習になったと言う事です。
 
4.また、この日は、子供を授かることを祈念する、すなわち、人類の繁栄を祈るばかりではなく、同時に、農作物の豊作を祈ったとも言われています。

5.現在、中国の少数民族、例えば士族、白族、黎族、壮族等の  間では、今でも、これらの伝統的な行事が行われているよう  です。
  
  中国の少数民族につきましては、こちらをご参考に。
  http://www.allchinainfo.com/ethnic/minority.html

菱餅やひなあられを食べながら、中国との深い歴史のつながりと壮大な古代のロマンに思いをめぐらせ過ごすそんな「ひな祭り」も、一生に一度くらい、あってもいいかもしれませんね。icons5.gificons3.gif
おひな祭り素材は、artkaede様から頂きました。
posted by 吉田ケンコ at 13:44 | Comment(8) | TrackBack(2) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。