2007年01月16日

不二家 ペコちゃんが泣いている

不二家 

ペコちゃんが泣いている



一連の賞味期限切れ原料を使用した不始末で、
社長辞任にまで、追い込まれた不二家。

小さい頃見ていたテレビCM

ミルキーはママのあ〜じ♪

を思いだしました。

すやすや眠っている、小さくかわいい女の子の頬に、お母さんが、
やさしくキスをする場面。その背後の流れるこのCM。

なつかしい、子供の頃の思い出がよみがえります。。。

それなのに。。ペコちゃんが、泣いているよ。



ところで、私、賞味期限切れのしょっちゅう食べてるけど、
おなか、全然大丈夫♪(^_^)v

それと、これとは、違う?

失礼しました<(_ _)>



では、春節の続きを。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・


引き続き、中国の旧正月、春節事情 工場編

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・


都会の工場へ出稼ぎに来ている子達は、
だいたい同じ地区出身の子たちが多いです。

それは、だいたい、人を探しに行くときに、同じところで募集するからです。

余裕のある工場では、みんなをまとめて、帰省バスをしたてて、
田舎に送っていきます。

そして、また、上海に帰ってくる時には、わざわざ彼女たちの田舎の自宅まで、
迎えに行きます。

待遇がいい?

まあ、そうともいえますが、実は別の意味があるのです。

どんな意味?


次回に続く。。



本日の為替レート

人民元 米ドル  日本円
1    7.798   0.06472



タグ:不二家
posted by 吉田ケンコ at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『上海ベイビー』衛慧(著) 桑島道夫(翻訳)
Excerpt:  中国でベストセラーになるも、結局は発禁処分とさせられてしまった話題の書です。これまでも 『中国暴発』 や 『毛沢東を越えたかった女』 をご紹介しましたが、どれを読んでも、中国は“動いているなぁ” と..
Weblog: 本を読もう!!VIVA読書!
Tracked: 2007-01-18 14:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。