2007年02月10日

バレンタイン日本と中国 150万円のバラ!

バレンタイン

日本と中国


中国のバレンタイン

中国の男性にとっては、大変な日!?

女性は、世界一幸せな日るんるん



もうすぐバレンタインですね。
チョコ買いました?

ところで、中国では、バレンタインデーを、

情人節(チン レン ジィエと発音)または、

聖瓦倫丁節(sheng wa lun ding 
ションワルンチンジィエと発音)

と言います。

普通は、情人節のほうが、よく使われます。
情人とは、「恋人」っていう意味です。
そのもの、ズバリですね(笑

聖瓦倫丁節は英語のValentine'sからの音訳ですね。

以前からあった中国伝統の習慣ではなく、
ここ数年、急速に若者の間で広まった新しい習慣です。

写真は、街のバレンタインの飾りつけの様子
赤一色ですね(笑

q9.jpgq8.jpg



日本とは違い、中国では、男性陣が、
恋人や、奥さん、贈り物をします!
大事な人に、愛を贈るのです!!

その象徴が赤いバラの花です。なぜって?

赤いバラの花言葉は、
「 情熱、愛情・あなたを愛します、貞節、美、模範的」ね♪


もちろん、チョコも贈りますが、やはり、
一番の人気はバラの花です。

この花束が、高い!
だいたい、平均300元(日本円で約4500円です。
けど、物価換算すると、45000円?までは、
行かないにしても、3万円くらいの価値があります)

中には、9688元のこんなバラの花束もあります!
999本のバラの花束です。
200611221191031678.jpg



なぜ、999かというと、「9」は中国語で
jiuジュウと発音し、中国語の「久」の発音も
jiuジュウで、同じ発音だから、
久しい愛情にかけたんですね。
永遠の愛とでも、いいますか。

ところで、この値段、9688元は、
普通のサラリーマンの平均月収が、
1500元平均だから、
これだけで、ほぼ年収??!!
ちなみに単純計算で、日本円で約15万円!
(物価換算では、日本円 約150万円の価値!)

まあ、すごい大金には違いないですね。

とんでもない?!ですね(笑

もちろん、ただ、お花だけ贈って終わり、
なんてことはなく、お食事もごちそうします。

女性にとっては、世界一幸せな日ですねるんるん

中国の女性が羨ましい!

中国の男性にとっては、とんでもない、大変な日?!
でも、愛する女性の為ならば、このくらい平気?

私も、一度でいいから、こんな花束もらってみたい!


下のサイトから、いろんな花束が見れますよ♪
ちょっと、重いけど、興味があれば、のぞいてみてね。
中国のバラの花束の相場が、分かります(笑
http://www.flowercn.com/theme/valentine/
posted by 吉田ケンコ at 13:23 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
そんなにお金かかるんですか?
おれ、日本人でよかったすっ。
Posted by toshi at 2007年02月15日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チョコレート寿司
Excerpt: バレンタインのチョコレートが巷で飛び交う今日この頃ですが、世の中には変わった食べ
Weblog: Office-GinBuck
Tracked: 2007-02-11 17:31

★ 中国人の犯罪は“日本のせい”なのか? ★
Excerpt:  私の友人のある日本人は、中国の大学に2年間留学した後に帰国して、ある県警の国際捜査課に配属されました。  中国語の能力を生かして、容疑者や被害者の通訳をするためです。  もともと中国の歴史や文学に造..
Weblog: 『漫画  アブナイ! 中国』  好評発売中!!
Tracked: 2007-02-11 17:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。